腹部整形

たるんだ腹部組織を取り除き弾力あるなめらかな腹部ラインに仕上げる!

#弾力あるスリムな体型#出産後、たるんだお腹にハリを
#微細切開で傷跡の心配Down #不要な脂肪だけ除去可能

* アイウェル手術の実体験者

アイウェル整形外科の

腹部整形とは?

腹部に脂肪がひどく、皮膚がたるんだ場合、または出産後弾力が落ちて腹部がたるんだ場合には、たるんだ皮膚を取り除く腹部整形を行います。 腹部整形により腹部の筋肉が強化されるので、
弾力のあるスリムなボディラインが完成します。 腹部整形は個人の特長に合わせて多様な手術方法が適用され、脂肪吸引と合わせて行う場合もあるので、患者様の年齢、皮膚、脂肪、筋肉の状態などを充分に分析して手術を進めます。

SURGERY INFORMATION

手術時間

2~3時間

麻酔方法

前進/睡眠麻酔

入院治療

当日退院

回復期間

7日

抜糸

2週間

アイウェル複部整形方法

脂肪のみ除去する方法

たるんだ腹部筋肉を整形する方法

脂肪除去+筋肉整形を合わせて行う方法

脂肪吸入+皮膚脂肪切除術を合わせて行う方法

IWELL PLASTIC SURGERY

なぜアイウェル腹部整形なのか?

患者様の体型、年齢、皮膚、腹部筋膜などを几帳面に分析し、安全に手術します。
過多に蓄積された不必要な脂肪だけを除去し、組織損傷が少ないです。
個人に合った手術方法を施行するため満足度が高いです。

アイウェル腹部整形が必要な場合

case 01腹部脂肪がズボンの上にはみ出たりたるんで肉が流れる場合

case 02脂肪細胞が多く、人よりすぐに太りやすい場合

case 03定期的に運動やダイエットをしても腹部脂肪が取れない場合

case 04脂肪吸引後、皮膚のたるみが生じた場合

腹部整形の種類

全体腹部整形

最も一般的な形の腹部整形の方法です。 肌のたるみがひどい場合、おへその上部から下腹部まですべて切除し縫合します。 へそを新たに作り、傷跡の長さは帝王切開の傷跡よりやや長く残ります。

ミニ複部整形

肌のたるみが下腹部のみにある場合、へその下の部分を切除して縫合する方法です。へそを新しく作らなくてもよく、帝王切開の傷跡と同じくらいの長さの傷跡が残ります。

アイウェル腹部整形と合わせて行うと良い手術

スリムで弾力のあるボディラインをお望みなら?

トリプル脂肪吸引

腹部だけでなく全体的に脂肪が多い場合、トリプル脂肪吸引を合わせて行う

アイウェル腹部整形ビフォーアフター写真

他の写真を見る
[]
1 Step 1
keyboard_arrow_leftPrevious
Nextkeyboard_arrow_right
FormCraft - WordPress form builder