胸整形感触ケアシステム

胸の手術後のケアを徹底させるのが胸整形手術の基本! #素早い回復#肌再生#傷跡ZERO#球形拘縮防止

#素早い回復#肌再生#傷跡ZERO #球形拘縮防止
#自然な感触 #美しいバストライン完成

* アイウェル手術の実体験者

消毒

消毒

抜糸

(抜糸をする場合)

感触ケア

(4週に1回、計2回)

特別な感触ケアシステム

手術の全体的な行方は医療スタッフの熟練度によって予測可能ですが、手術後の結果は術後ケアをどのように受けるかによって著しく変わる可能性があります。
アイウェルでは個々人の特性と回復状態に応じて体系的なケアプログラムを実施し、手術後の不便さを減らし、早い回復と満足のいく手術結果を生み出します。

腫れあざケア

手術後、レーザーケアにより血管の収縮と組織損傷を治し、血液循環、リンパ循環を促進させ、腫れやあざ、痛みを最小化します。

感触ケア

手術の際、損傷した皮膚組織を肌の再生を促進させ、やわらかい感触にします。

スキンケア

細胞の働きを促進させ、円滑な新陳代謝を誘導し、コラーゲンとエラスチン層を増加させ、肌のハリを増進させ、自然で豊かなバストラインを作ります。

感触ケアシステム

乳房超音波

手術後、高解像度の最新型超音波検査機器を使って
補形物の状態、位置などを体系的にケアして球形拘縮を防止

感触ケア

高周波の心部熱により肌の真皮層にあるコラーゲンの生成を
活性化させ、自然で柔らかな感触と早い回復に役に立ちます。

胸整形後の注意事項

洗顔とシャワー

胸部位を除いた簡単なシャワーは手術の翌日から可能です。
風呂やサウナ、サウナなどに行くのは、手術後4週間後から可能です。

運動

手術後の翌日から軽い散歩は可能ですが、腕を高く上げたり、無理をさせる行動は控えた方が良いです。
ヨガや水泳は1ヵ月後、エアロビックや激しい運動は2ヵ月後からできます。

姿勢

手術後2週まではまっすぐに寝なければなりません。
なるべく横向きに寝たり、うつぶせに寝たりしないでください。
手術後48時間は食事や洗顔以外には腕の使用を制限して安静にしてください。

傷口

胸の包帯が取れないよう注意し、手術部位が押されたり、水に濡れるなどの刺激を受けないよう注意してください。
血袋をつけている場合には弁がふさがらないように注意しなければならず血袋は普通手術後1~2日程度で外します。
手術後約10日後に抜糸をします。
少なくとも手術6週間後から手術傷跡が次第に薄れ、手術後2~3ヵ月後にはほとんど目立たないようになります。

食事

全身麻酔を施した後なので、手術当日と翌朝はスープや重湯、おかゆなどの柔らかい食べ物をお食べください。

その他

飲酒と喫煙は、少なくとも4週間はお控えください。
飲酒は炎症を誘発し、喫煙は血管を収縮させ、皮膚の損傷および壊死、手術部位の傷の治癒を遅延させます。
[]
1 Step 1
keyboard_arrow_leftPrevious
Nextkeyboard_arrow_right
FormCraft - WordPress form builder