アイウェル小顎症/短い顎手術

顎先の矯正術により自然で確実な効果

#シャープなフェイスラインの完成#ゴボ口矯正効果
#簡単で確実な効果#洗練されたイメージ完成

* アイウェル手術の実体験者

アイウェルの美容整形外科の

小顎症/短い顎の手術

噛み合わせは正常でも、顎が後ろにさがっていたり、長さが十分でない場合を小顎症、あるいは短い顎と呼びます。 首や顔の境界が不明だったり、口が突き出している場合、顎の骨の位置を移す手術を行います。 症状によって骨切りの方法を使用したり、簡単に補形物挿入あるいは脂肪移植などの手術で顎の形を矯正することができます。

SURGERY INFORMATION

手術時間

1時間以内

麻酔方法

睡眠麻酔

入院有無

当日退院 or 1日入院

当日退院or1日入院

5~7日

抜糸

なし

# YouTubeアイウェルTV

アイウェルTV

いつもきれいになることを夢見る
あなたのためのアイウェル整形外科!

他の映像を見る

# PROFESSIONAL TV

リアルな施術結果映像を見る

プロフェッショナルTVは医療法を遵守し、会員認証ログインされた会員の方に限り公開されます。絶対に外せない重要な整形手術のチェックリストをご確認ください!

アイウェル小顎症/短い顎手術 ビフォーアフター比較

BEFORE

– 顎が短くつまったように見えるフェイスライン
– 顎先が広く丸いフェイスライン
– 顎ラインが不明確で顎がないように見える場合

AFTER

– 柔らかく洗練された印象
– なめらかでシャープなフェイスライン
– 小顎症を確実に改善し魅力的なフェイスラインを完成

美しい顎の基準

顎が両眉間から降りた垂直線より
3mmほど前になければなりません。

鼻の先端から顎を結ぶ直線の角度が
75~80度で上唇が4mm、
下唇は約2mmほど離れているのが
最も理想的です。

側面から見て、鼻の下と顎をつなげた線で
唇が少し出ていなければなりません。

唇と顎をつなぐ線が緩やかな S字曲線を描かなければなりません。

顔全体において上、中、下の顔面比が 1:1:0.8の割合でなければなりません。

アイウェルの多様な小顎症/短い顎の手術方法

顎先に使える補形物には様々あります。 シリコン、ゴアテックス、人造骨であるメドフォアなどを挿入し、顎を大きくしたり、位置を変更させます。
手術は口の中の粘膜に小さく切開して準備しておいたオーダーメード式の補形物を挿入することで簡単に行えます。

01唇と歯茎の間の深い部分の粘膜を小さく切開します。
02補形物が挿入されるスペースを作ります。
03本人に合うようにデザインされた補形物を挿入した後、切開部位を吸収糸で縫合します。
手術時間麻酔方法抜糸回復期間
30分程度睡眠麻酔なし-術後5日程度は顎下部にテープを貼る
-術後3~5日後に出勤など日常生活が可能

後ろに下がっている顎先の骨を切除して前に動かし、適切な位置にする方法です。骨自体を動かすので、骨を切除する角度によって顎の長さの調節ができ、顎の形が自然です。ただし、補形物の挿入や脂肪移植に比べて多少時間がかかり、全身麻酔が必要な施術です。

01顎先の粘膜を約2~3cmほど切開します。
02計画した骨切り線に沿って顎先の骨を切除した後、骨の下部分を前方に引出します。
03前に引出した骨を固定し、吸収糸で縫合します。
手術時間麻酔方法抜糸回復期間
1時間以内全身麻酔必要なし-2~3日間は圧迫包帯を着用、1週間後から日常生活が可能

太もも、お尻、お腹などの部位から不必要な脂肪を採取し、小顎症部位に何層にもわたって繊細に移植する方法です。
不必要な脂肪を採取するので体型矯正も同時に行え、手術が簡単で腫れが少なく回復が早いというメリットがあります。

01薄い管を使い太もも、腹部などから必要なだけ脂肪を採取します。
02遠心分離器を通じて純粋な脂肪細胞だけを分離します。
03微細な特殊注射針で生着率を最大限高められるよう
皮下層に均一に繊細に注入します。
手術時間麻酔方法抜糸回復期間
1時間以内必要なし採取した方の傷跡は術後5日目に抜糸-2~3日間から日常生活が可能

小顎症/短い顎の手術の事例

さらに多くのCTビフォーアフター写真を見る

ソウル大学医科大学出身の

顔面輪郭専担医療スタッフ

ソウル大医科大学出身の整形外科専門医療スタッフと
手術前に十分なカウンセリングを行い患者様と意見を調整し、
個人の顔の骨と特性に最もあった手術計画を立てます。 あごの厚さや長さ、神経の位置など具体的情報を基に、手術後の理想的なフェイスラインを予測するだけでなく、最も美しいフェイスラインを完成させています。

特別な

顔面輪郭手術法

アイウェル整形外科は安全な顔面輪郭手術とご満足いただける
手術結果のために絶えず研究し、新しい手術法開発のために持続的な研究を進めています。
顔面輪郭専門医療スタッフの豊富な手術経験と研究をもとに、独自開発した顔面輪郭手術器具を特許庁に登録および特許出願しました。

頬骨手術用骨膜剥離器特許庁登録
頬骨手術用のこ特許庁登録
クイック頬縮小術用骨膜剥離器特許庁特許取得
クイック頬縮小術用のこ特許出願
えら手術用リトラクター特許取得
スカルプティング顔面輪郭商標登録出願

顔面輪郭

先端医療システム

アイウェル整形外科で保有す低線量3D-CT によりCT撮影領域を極大化するだけでなく、高い解像度でより正確に輪郭構造を把握して、3Dスキャナー仮想整形装備で手術後の結果をより正確に予測することができ、安全で正確な手術で本人に似合うオーダーメード顔面輪郭手術を施行します。

整形外科手術に熟練した

麻酔痛症医学科専門医が常駐

患者様の安全を最優先に考えるアイウェルは整形外科手術に熟練した
麻酔痛症医学科専門医が365日、病院に常駐しており、カウンセリングと手術執刀医が異なる幽霊医師によって生ずる医療事故などを
未然に防止するため、
手術実名制を実施しています。 また、手術中に生じるあらゆる医療事故に備えており、応急対応システムを整えて安全に手術を行います。

1:1個人別

オーダーメイド術後ケアシステム

アイウェル整形外科では、結果によりご満足いただけるように痛みと腫れを最小化するため、オーダーメイドの術後ケアシステムを運営しています。 手術後、自己痛症調節装置(PCA)により個々人に合った一定の鎮痛剤が自動に注入され、手術後痛みを最小限に抑えることができます。 また、顔面輪郭手術後、体系的かつ専門的な1:1オーダーメード術後ケアにより速やかに日常生活へ復帰できるよう
お手伝いしています。

手術後の痛みケア
手術後のむくみケア
お肌の再生ケア
お肌の弾力ケア

アイウェル 小顎症/短い顎の手術 ビフォーアフター写真

他の写真を見る
[]
1 Step 1
keyboard_arrow_leftPrevious
Nextkeyboard_arrow_right
FormCraft - WordPress form builder