安全システム

アイウェル整形外科は何よりも患者様の安全を最優先に考え、
安全を考慮した先端麻酔システムを構築しています。

# YouTubeアイウェルTV

iWell TV

いつもきれいになることを夢見る
あなたのためのアイウェル整形外科!

他の映像を見る

アイウェル安全システム

手術実名制の実施

カウンセリングと手術執刀医が異なる幽霊医師によって生じる医療事故などを未然に防ぐため、アイウェルでは手術実名制で運営しています。

麻酔痛症医学科専門医が365日常駐

手術前から手術後の回復まで麻酔痛症医学科の専門医が病院内に常駐し、患者様の状態に応じた安全に麻酔を行っています。 また、手術中の患者様の状態についてリアルタイムでモニタリングを行い、患者様の安全を注意深くチェックします。

Central Monitoring Systemの構築

国内整形外科ではじめて日本光電社のセントラルマネージングシステムを導入し、手術中に麻酔状態で患者様の心電図、酸素飽和度、呼吸、血圧、血中二酸化炭素量などをリアルタイムで正確にチェックし、安全な手術を行うよう最善を尽くしています。

安全な麻酔のための正確な検査

糖尿、高血圧、不整脈、結核、ウイルス、成人病を含む各種検査とともに、心電図、胸部エックスレイ、血液検査など手術前の検査を幅広く行い、手術の可否を決定します。

最新式モニタリング装備保有

最新式モニタリング装備を保有しており、手術中の麻酔状態で脈拍、血圧、体温、二酸化炭素排出量、酸素飽和度など患者様の状態を正確にチェックします。

持続型睡眠麻酔薬物投入器、酸素、窒素ガス供給装置保有

持続型睡眠麻酔薬物投入器により手術中に安全に麻酔が施され、呼吸が正常に行われるように助けます。 また、手術後の回復室および入院室内に酸素/窒素供給装置を配置し、安心で安全に麻酔回復が可能です。

プラズマ滅菌消毒システム

アイウェルでは大学病院レベルのプラズマ滅菌システムを導入し、手術中に使用されるすべての医療機器および器具を消毒、滅菌処理しています。 ほとんどの整形外科ではEOgas滅菌法が使われていますが、アイウェルではプラズマ滅菌消毒システムにより正しいプロトコルに合わせた徹底した感染ケアに力を入れ、無感染手術を行っています。

Bair Hugger体温維持器保有

手術の間、患者様の適正体温を維持し、低体温症を根本的に予防し、これによって手術後の回復期間も大きく短縮させることができます。

滅菌加温加湿フィルター

全身麻酔時に麻酔ガスを呼吸することにより排出される患者様の湿気および熱放出を遮断し、気道の潤いを保存して体温維持を助け、麻酔ガスが気道に入る前に細菌、ウイルスを遮断して肺炎、手術部位の炎症を防止するフィルターです。

悪性高熱症治療剤ダントロレン保有

アイウェル美容外科内では全身麻酔手術中にまれに発生する悪性高熱症に即時に対処できるように、ダントロレン薬品を常に保有しています。

安全な回復のためのブリディオン保有

ブリディオンは大学病院で手術後、呼吸が困難なことがある高危険群および希望する患者に非保険のみで処方される薬品です。手術後の副作用がなく、麻酔状態で安全で、早い回復が可能です。

輪状甲状切開術装備保有

輪状甲状切開術装備は手術中に緊急事態が発生した場合、気道を確保できる必須装備です。これにより、緊急事態に素早く対処することができます。

専門救急装備および心臓除細動器(AED)保有

緊急事態に備えることができる専門救急装置および心臓除細動器(AED)を保有しており、定期的に職員に装備使用教育および安全教育を行っています。

無停電電源装置(UPS)システムの構築

どんな緊急事態でも患者の安全を最優先します。
天災地変のような状況で停電が発生しても、手術装備が止まらないように電気を供給する無停電電源供給装置(UPS)システムを備えており、患者の安全を守ります。